1. 学科紹介
  2. 学校紹介
  3. 受験生の方へ
  4. 就職活動
  5. 学校生活について
  6. 進学Q&A
  7. 企業の皆様へ

トピックス

平成29年度企業連携見学研修 [電気システム科]
2017.07.05
 期 日   平成29年6月30日(金) 
 研修場所  九州電力玄海原子力発電所(佐賀県東松浦郡玄海町今村浅湖4112−1)
 参加者   電気システム科2年生
 内 容   概要説明、エネルギーパーク見学、発電所見学、訓練センター見学
 その他   企業等と連携した授業(発変電工学)
  九州北部佐賀県にある玄海原子力発電所に行き、原子力発電の仕組みや安全対策などについて
説明を受けた後、発電所周辺や訓練施設の見学を行いました。再稼働に向け、万全の体制で取り
組んでおられ、至る所で緊張感が漂っていました。九州電力玄海原子力発電所様及び熊本支社様
の御協力により実施することができました。ここに深く感謝申し上げます。
<学生の感想>
・普段の生活では知ることのできない貴重な体験となった。また、原子力発電所は5つもの壁
に覆われていることを知り、安全について詳しく知ることができた。
・事前に思っていたより、玄海原子力発電所の発電規模が大きかったのに驚いた。
・授業では学べないことを多く学ぶことができるとともに、津波が来ても大丈夫なように考え
て作られていることを学んだ。
・原子力発電の安定性、CO2ゼロという有用性が、早く理解される日が来て欲しい。
平成29年度安全衛生特別教育(低圧電気取扱者)
2017.07.05
電気システム科では、一般財団法人九州電気保安協会熊本支部様の御協力をいただき、企業連携授業の一環として労働安全衛生法に基づく標記の講習会を実施しました。
    日 時: 2017年6月22日(金)  8:50〜18:00
    会 場: 本校電気システム科1年教室
    対 象: 電気システム科1年生
    講 師: 技術部技術グループ 副長 横山 誠 様、 茂田真樹 様
    内 容: 関係法令、低圧電気に関する基礎知識、低圧活線作業、実技教育など
    その他: 企業等と連携した授業(電気法規・施設管理)の一環として実施

<感想>
   ・ 電気の分野で定められた法令は、私たちの身の安全を確保するために考えて作られていることがわかった。
   ・ 電気の利便性・危険性について良く理解できた。
   ・ 電気関係の仕事に就職しようと思っているので、今回の特別教育で学んだことを忘れないようにし、電気の取り扱いには十分気を付けようと思いました。
   ・ 今回の特別教育において事故の事例など全く知らないことをDVDで見て、電気の怖さを学びました。就職した際には、絶縁防具などを着て注意しながら作業しようと思いました。
   ・ 短絡や感電の実験など、貴重な体験をすることができたので役に立ちました。
熊本日産自動車株式会社様ならびに日産プリンス熊本販売株式会社様より、 「日産NOTE e-Power」を教材用としてご寄贈いただきました。
2017.05.10
 4月28日(金)、本学に対して、熊本日産自動車株式会社様ならびに日産プリンス熊本販売株式会社様より、将来の自動車業界を担うエンジニア育成のため、最新の車両技術の教育に役立ててほしいとの趣旨で、電気自動車のまったく新しいカタチとして登場した乗用車「日産NOTE e-Power」を教材用としてご寄贈いただきました。

 寄贈式は、上記のお客様のご臨席のもと、本学からは遠藤副学長、山田自動車整備工学科長および下記関係教官の出席のもととり行われました。熊本日産自動車株式会社様の坂田代表取締役社長より、遠藤副学長に贈呈目録が渡され、本学より、熊本日産自動車株式会社様ならびに日産プリンス熊本販売株式会社様に感謝状を贈呈させていただきました。
また、報道関係各社より取材も受け、ニュース等で取り上げていただきました。

贈呈式出席者:

熊本日産自動車株式会社 
  代表取締役社長 坂田 信治 様,総務部総務課 担当部長 木村 浩純 様
日産プリンス熊本販売株式会社
  常務執行役員 関 博史 様

本学: 
  副学長 遠藤禮一郎
  自動車整備工学科長 山田 誠一,同科副科長 中西克三,
  自動車整備工学科教官 村上和男,上田知広,経営企画部長 岩永久幸、
  就職部長 岡村修二、自動車整備工学科学生
平成28年度学校関係者評価委員会開催
2017.03.01
平成28年度学校関係者評価委員会

日 時 平成29年2月24日(金) 15:30〜17:00
会 場 本 学 日本語科教室
出席者
(1)平成28年度学校関係者評価委員 (順不同)
佐藤 泰生委員 熊本大学名誉教授(元工学部長)
小野上典明委員 熊本県工業連合会 理事・事務局長
竹原  崇委員 A科推薦 一般社団法人熊本県自動車整備振興会 事業部 業務課長
堀下 信也委員 E科推薦 一般財団法人九州電気保安協会熊本支部熊本東事業所所長
池松 康博委員 M科推薦 株式会社池松機工 代表取締役社長
有馬  聰委員 税理士  有馬税理士事務所 所長
八田  豊委員 地域住民代表 熊本県立八代工業高等学校元校長
益田 耕一委員 OB代表 ネッツトヨタ中九州株式会社 取締役営業統括部 部長
(2)本校出席職員
江藤 正行   理事長・学長
遠藤禮一郎   副学長
大塚 和規   事務長
水谷  茂   国際交流推進室長
西  孝司   教務部長
渕上 龍也   学生部長
植田 明善   入試部長
中西 克三   自動車整備工学科副科長
岩永 久幸   経営企画部長・電気システム科長
岡村 修二   就職部長・機械システム科長
入江 淳子   日本語科長

自己評価結果などについて協議していただき、学校運営や教育活動への学校関係者の参画を促進することにより、地域発展に貢献できる学校づくりを進めるために、平成28年度学校関係者評価委員会を実施しました。
 学校概要・教育目標・自己評価結果・学校評価結果の説明の後、協議・質疑応答を行い、各委員の方々から多くの有り難いご意見をいただきました。学校評価していただきました結果につきましては、後日、ホームページにて情報公開を予定しています。また、今後の学校運営に反映させていきたいと考えております。大変貴重なご意見をいただきありがとうございました。
 公私ともに御多用の中を、御出席いただきましたことに厚く感謝申し上げます。
平成28年度_第2回教育課程編成委員会開催
2017.03.01
平成28年度_第2回教育課程編成委員会

1 自動車整備工学科
日時 平成29年2月24日(金) 13:00〜15:00
会場 自動車整備工学科第3実習室
   出席者
竹原 崇 様(一般社団法人熊本県自動車整備振興会 事業部 業務課長)
松崎 貴 様(熊本日野自動車株式会社 熊本支店整備課 副工場長・課長)
2 電気システム科
日時 平成29年2月24日(金) 13:00〜15:00
会場 本校電気システム科2年教室
   出席者
石坂敏明 様(一般社団法人熊本県電設業協会理事(泰明電機株式会社 代表取締役社長))
沼田幸広 様(白鷺電気工業株式会社 代表取締役社長)
3 機械システム科
日時 平成29年2月24日(金) 13:00〜15:00
会場 本校機械システム科1年教室
   出席者
佐藤泰生 様(一般社団法人日本機械学会 会員 熊本大学名誉教授(元工学部長))
池松康博 様(株式会社池松機工 代表取締役社長)

平成29年2月24日(金)、各科外部委員の皆様にお越しいただき、第2回教育課程編成委員会
を実施しました。より実践的な職業教育の質を確保することを目的として、第1回教育課程編成
委員会の提案などを受け、各科毎に専門性に関する動向や地域産業振興の状況、企業連携に関わ
る取り組み、今後のカリキュラムへの対応、資格試験への取り組みなどを協議するとともに、多
くのアドバイスをいただきました。
 公私ともに御多用の中を、御出席いただきましたことに厚く感謝申し上げます。
自動車整備工学科 (写真上)
電気システム科 (写真上)
電気システム科が「専門実践教育訓練講座」に指定されました。
2017.02.01
 本学,電気システム科が厚生労働大臣より,平成29年1月30日付で「専門実践教育訓練講座」に指定されました。本年4月入学生より適用されます。また,当学科は文部科学大臣より,「職業実践専門課程」の認定も昨年すでに受けており,企業との連携による講座の充実も図られております。

 尚,当指定は昨年本学自動車整備工学科が既に指定されており,今回の指定で2学科が指定されたことになります。
日本語科2年生は文化体験授業の一環として柔道・剣道と和装・茶道の体験をしました。
2017.01.25
 日本語科2年生(33名)は文化体験授業の一環として1月19日と1月25日にそれぞれ、柔道・剣道と和装・茶道の体験をしました。

 和装と茶道では振袖に身を包んだ女子学生と男子学生が華やいだ雰囲気の中、お点前を頂きました。
 柔道では開新高校の柔道部員相手に実際に投げ技や固め技に挑戦し、技が決まると歓声が起きていました。
 剣道では全員が剣道部員相手にかかり稽古を体験することができました。

 上の写真は開新高等学校武道場にて,岩木教頭先生を囲んで,剣道着姿の留学生たち。
平成28年度企業連携見学研修 [電気システム科]
2016.12.26
平成28年度企業連携見学研修 [電気システム科]

 日時 平成28年12月16日(金)
 会場 九電工アカデミー     (佐賀県三養基郡基山町大字園部5004)
     メガソーラー大牟田発電所 (福岡県大牟田市新港町1-37)
 内容
    午前(九電工アカデミー)
     概要説明、技能五輪国際大会&全国大会についての取組、体験実習(シーケンス制御)   
    午後(メガソーラー大牟田発電所)
     概要説明、施設設備見学(ソーラーパネル、パワーコンディショナー)
 
日頃、授業で学んでいる電気工事や電力分野に関する概要説明を聞き、実際に現場を見学することにより電気工事業界の現状、研修状況、今後の動向、技術者としての心構え、再生可能エネルギーに対する電力会社の取り組みについてより深く理解することができました。
九電工アカデミー様、九電工熊本支店様、九州電力様、西日本プラント工業(株)大牟田事業所様の御協力により実施することができました。ここに深く感謝申し上げます。
平成28年度企業連携授業(電気工事演習関連分野) [電気システム科]
2016.11.16
平成28年度企業連携授業(電気工事演習関連分野) [電気システム科]

 日時 平成28年11月15日(火) 13:15〜15:15
 講師 石坂敏明様(泰明電機株式会社 代表取締役社長) 
 対象 電気システム科1年生(全員)、2年生(一部)
 会場 本校 電気システム科実験室
 内容
   開会   挨拶、講師紹介
   実技指導 
   講評
   閉会   
 最近の第1種・第2種電気工事士試験の傾向や注意点を学習するために、講師をお招きして企業連携授業を実施しました。1年生は3週間前までの2週間が企業実習だったこともあり殆ど練習ができていなかったので、制作のポイントなどの説明を真剣に聞き、作品制作に取り組んでいました。懇切丁寧な御指導により、学生たちもより深く理解することができるとともに、試験に向けた意識がより高まったようです。
石坂敏明社長様の御協力により技能講習を実施することができましたことに、深く感謝申し上げます。
平成28年度職員研修の開催
2016.11.01
 10月25日(火)午後4時から本校において、職員を対象とした研修会を開催しました。講師として、株式会社池松機工 代表取締役社長 池松康博様をお迎えして、「波乱の人生と私の企業経営」と題して講演を頂きました。
 現在の池松機工へ導くため、長く苦しい時代の苦労されたことについて熱く語っておられました。社長としての情熱溢れる言葉の端々に、自らの企業経営の哲学を垣間見ることができました。「企業は人が財産」という言葉に代表されるように、従業員を大事にされ、自らの後ろ姿での人材育成を実践され、また、現在の環境の変化を見極める洞察力の有り様が、現在の企業の隆盛に結びついているように思われました。
 本日の研修を通じて、本校職員は今後の意識変革に結びつけ、さらに前向きに取り組む姿勢を出してくれるものと確信しております。
 池松社長様には、多くの示唆に富んだお話をいただき、心より感謝申し上げます。今後益々、貴社の発展をご祈念申し上げます。
한국어 페이지
한국 특설 페이지를 준비했습니다.
中国页
我们已经准备了一个特殊的页面中国
ENGLISH PAGE
I have prepared a special page in English.
Trang tiếng Việt
Trang thông tin chi tiết bằng tiếng Việt
日本語科応募書類はこちら
Japanese Course Application form,
日语系申请表
입사 지원 서
Download Đơn xin nhập học và các tài liệu liên qua
学生募集応募書類はこちら
携帯サイトはこちらのQRコードから