1. 学科紹介
  2. 学校紹介
  3. 受験生の方へ
  4. 就職活動
  5. 学校生活について
  6. 進学Q&A
  7. 企業の皆様へ

熊本工業専門学校

トピックス

情報ネットワーク科、恒例の卒業制作発表会を開催
2010.02.24
 2月24日(水)、情報ネットワーク科では毎年恒例の卒業制作発表会を行った。この発表会は、情報ネットワーク科で学んだ2年間の成果を作品で表そうと、特に、ハードウェア実習、マイコン制御等の科目を中心にして、教科担当の山本先生の指導のもと今年早々より取り組んできたものである。


 第1班は、「メリーゴーラウンド」の制作で、マイコン、ステッピングモータ、LED等を使用し、C言語デコーディングしたプログラムにより制御する本格的なものであった。
写真は、左より、担当した竹田泰隆君(菊池高出身)、大塚博昭君(開新高出身)、岩下一樹君(阿蘇高出身)
 
 
 
 第2班は、「タワーとビルディング」制作で、マイコンとLEDを使用して制作し、C言語でコーディングしたプログラムを使用し、LEDの点灯制御を行うものである。
複雑な点灯が種々用意され、興味を引くものであった。
写真は、左より、西田貴博君(開新高出身)、福島明君(開新高出身)、曾根康央君(開新高出身)、金斌君(留学生・中国上海出身)
写真は左より、担任の佐々木先生、教科担当の山本先生を囲んで。

 情報ネットワーク科は、今年度の1年生より「情報クリエイター科」として衣替えしており、情報ネットワーク科としては最後の卒業生となります。卒業後の新しい社会人としてのご活躍を祈念します。

 この卒業制作も、新年度より情報クリエイター科として、現在の1年生が2年生として取り組むことになります。情報ネットワーク科に負けない活躍を期待します。
本校留学生、春節(中国の旧正月)を餃子パーティで祝う。
2010.02.12
 今年の旧正月は2月14日である。中国ではこの日が新年を祝う「春節」である。このお祝いに欠かせないのが「餃子」である。
 本校には約80名の中国からの留学生が学んでいるが、春節には若干早い2月12日(金)学内食堂にて、「餃子パーティを」開催してお祝いをした。
 留学生は、故郷中国を思い出し、和気あいあいと楽しい餃子パーティであった。
留学生が用意した「餃子」。餃子といえば、日本では焼き餃子が一般的だが、中国では「水餃子」が一般的であるそうだ。
「餃子パーティ」のあと、日本文化体験で学んだ「お茶」を一服。水谷校長(中央)もこの日はお客様。
本校、中国徐州高等師範学校と交流提携協議書に調印
2009.12.10
 11月25日、中国徐州高等師範学校にて、本校校長 水谷 茂と中国徐州高等師範学校長 張興朝 氏との間で交流提携協議書に調印式を行った。
 今後、教師同士の交流、相互訪問および学生(子生)同士の交流を活発に行うことになりました。
2年生、自衛隊体験入隊
2009.12.07
 本校では、2年生になると恒例の自衛隊体験入隊が実施される。これは、規律と礼節を学習・体験するもので、本校創立の伝統行事の1つとなっている。
 今年も、12月2日から4日までの3日間、熊本市清水の陸上自衛隊北熊本駐屯地にある第42普通科連隊(櫻田博美連隊長)にお世話になりました。
 学生たちは緊張の面持ちで連隊に集合したが、指導隊員の方々の懇切丁寧なご指導のおかげで無事修了することができた。
卒業を来春に控え、良い思い出となったことと思われます。
今、熊本工専は紅葉の真っ盛り
2009.12.03
 本校玄関の銀杏並木は、今紅葉の真っ盛りを迎えています。
その美しい紅葉をご覧下さい。
専各連九州ブロック体育大会において、自動車整備工学科1年の中村賢史君(菊池高校出身)が、剣道個人競技で見事優勝。
2009.11.17
11月11日(水)より13日(金)まで大分市で行われた、全国専修学校各種学校連合会九州ブロック協議会主催体育大会において、本校自動車整備工学科1年の中村賢史君(菊池高校出身)が、剣道個人競技で見事優勝の栄誉に輝きました。
おめでとうございます。

剣道個人優勝に輝いた中村賢史君(自動車整備工学科1年)
(写真上)
熊本市と中国桂林市との友好姉妹提携30周年記念式典に江藤理事長、水谷校長出席
2009.11.12
 去る11月8日、中国桂林市にて、熊本市と桂林市との友好姉妹提携30周年記念式典が行なわれた。
 当式典に江藤開新学園理事長、水谷熊本工業専門学校長および理事の方々が出席された。江藤理事長には、開新学園と桂林市との永年の友好関係に対して、感謝状が贈られた
 熊本市からは幸山市長をはじめとし、関係各位が出席された。
日本語科は、平成21年度10月生として、中国からの留学生10名を迎えた。
2009.10.13
 日本語科は10月13日、平成21年度10月生として、中国からの留学生10名を迎えた。留学生は希望を胸に元気に在校生に挨拶した。
10月期生は、在学期間が1年6カ月と短いが、その分中国で日本語を勉強しており、挨拶もかなり上手な日本語でした。頑張ってください。

前列左より、肖権さん(広州)、李雪然さん(黒龍江省)、羅式キョクさん(ハルピン)、叢丹さん(山東省)、
夏茜莉さん(武漢)、黄詩雲さん(桂林)

後列左より、劉立洲君(西安)、姜長亮君(威海)、劉基強(ハルピン)、林森君(山東省)

( )内は中国の出身地
熊本県専修学校・各種学校連合会主催体育大会において3競技で入賞
2009.10.13
10月2日(金)、4日(日)行われた、熊本県専修学校・各種学校連合会(会長:木庭令一氏)主催体育大会において、熊本工業専門学校チームは、卓球個人競技、ソフトテニス団体競技、バスケットボール競技の3競技で、3位入賞の栄誉に輝いた。
おめでとうございます。

卓球個人競技3位に輝いた児玉雄太君(機械システム科1年)
(写真上)
ソフトテニス団体競技3位に輝いた、李秋実君(日本語科1年)、市川尚樹君(機械システム科2年)、古庄良平君(機械システム科2年)
(写真左より)
バスケットボール競技3位に輝いた熊本工専チーム、メンバーの宮田達也君(機械システム科2年)、高口将弥君(自動車整備工学科2年)、佐藤弘樹君(自動車整備工学科2年)、杉水将志君(機械システム科2年)、中野喬之君(自動車整備工学科2年)、呉子聡君(日本語科1年)
(写真左より)

尚、メンバーの大塚晴貴(自動車整備工学科2年)は残念ながら写真撮影時不在でした。
第18回 熊本工専 自動車整備技能競技大会開催される
2009.09.04
 9月4日(金)、第18回自動車整備技能競技大会が、県内自動車ディーラーから多くのゲスト(下記)をお迎えし、本校第4実習工場で開催された。
この競技は、「自動車整備工学科の学生の整備技術向上と整備士としての意識向上をはかる」ことを目的とし、毎年開催されており今年で18回を数える伝統ある学校行事となっている。
 メンバーは自動車整備工学科2年生全員で、8チームに分かれ、学科競技、実技競技(定期点検、故障解析・修理、フロントマン(受付〜納車)顧客対応競技)を競った。
各チームともこの1年半の学習の成果を遺憾なく発揮し、甲乙つけがたいほど奮闘した。
 優勝の栄冠を手にしたのは8号車チーム(佐藤班長、メンバー:栗田・稲津・山下・平木・西村・鶴田・池上)であった。
 また、この競技大会には1年生も連絡係、部品係等のサポートで加わり、大会を有意義なものとした。

 ゲストは次の方々をお迎えしました。(順不同)
暑い中お出でいただき、また、心温まるスピーチ等いただきまして有難うございました。お礼申し上げます。
ネッツトヨタ熊本?・工藤浩則様、浜田正吾様、熊本ダイハツ販売?・内田隆志様、熊本トヨペット?・中山英治様、熊本トヨタ自動車?・伊藤英之様
ネッツトヨタ中九州?・夘野木正様、益田耕一様、齊藤自動車・齊藤寛典様
熱心に故障解析を行っているメンバー。
優勝の栄冠を手にしたのは8号車チーム
(写真左より、池上君、山下君、鶴田君、西村君、栗田君、佐藤班長、稲津君、平木君)
한국어 페이지
한국 특설 페이지를 준비했습니다.
中国页
我们已经准备了一个特殊的页面中国
ENGLISH PAGE
I have prepared a special page in English.
Trang tiếng Việt
Trang thông tin chi tiết bằng tiếng Việt
日本語科応募書類はこちら
Japanese Course Application form,
日语系申请表
입사 지원 서
Download Đơn xin nhập học và các tài liệu liên qua
学生募集応募書類はこちら
携帯サイトはこちらのQRコードから