1. 学科紹介
  2. 学校紹介
  3. 受験生の方へ
  4. 就職活動
  5. 学校生活について
  6. 進学Q&A
  7. 企業の皆様へ

熊本工業専門学校

トピックス

情報ネットワーク科、卒業研究発表会
2009.02.26
2月26日、情報ネットワーク科恒例の卒業研究発表会が、水谷校長をはじめ情報ネットワーク科教官および1年生が参加して開催されました。3月に卒業を控えた2年生が、この2年間で学んだ知識を活用し、それに創意・工夫を加えて制作しました。

参加した1年生からは、先輩たちの素晴らしい発表を見聞し、「次は僕たちの番だ」と今から張り切っていました。

制作したのは、「鉄道制御・表示システム」で、列車が走る線路に沿って、音声による駅案内、車両走行スピード表示、踏切遮断機の開閉、トンネル走行時のランプ表示等多岐にわたっており、特に、この2年間のハードウェア実習、プログラミング実習の成果が遺憾なく発揮されていました。
速度等表示板
時速108km/時を表示しているところ。
後列左より、吉田君、水上君、平野君、出田君、池田君
前列左より、稲田、山本(指導教官)、水谷校長、佐々木の各教官
機械システム科、卒業研究発表会
2009.02.09
2月9日、機械システム科恒例の卒業研究発表会が開催されました。3月に卒業を控えた2年生が、この2年間で学んだ知識を活用し、それに創意・工夫を加えて制作しました。
当日、水谷校長をはじめ機械システム科教官および1年生等が多数参加する中、3チームがそれぞれの成果を発表しました。
参加した1年生からは、先輩たちの素晴らしい発表を見聞し、「次は僕たちの番だ」と今から張り切っていました。

第一班は、「エコ・カーの製作」で、ガソリンを使用しない、モーターで駆動する自動車でした。特に、変速、ブレーキ系統の制御に苦労しました。とのことでした。
メンバーは左から、山崎君、石橋君、横田君、川元君(班長)
第二班は、「学校案内ロボットの製作」で、ロボットの前に人が来ると、〔いらっしゃいませ」から「学校概要の説明」を音声で案内し、「身振り手振り」でまるで人が案内しているようです。
身振り手振りは8個のサーボモーターで制御するが、これのプログラミングで苦労したとのことでした。
メンバーは左から、古庄君、山田君、東君、山上君、杉本君(班長)
第3班は、「硬貨分別機能付貯金箱」の製作で、投入口から入った硬貨は、自動的に検知され、音声で投入金額が読み上げられ、更に硬貨種類別のボックスに分類格納され、今まで投入した金額の合計額がディスプレイに表示される」という優れものです。
この多機能制御で苦労しましたとのことでした。
メンバーは左から、松島君(班長)、田本君、矢津田君、今村君、松本君、永田君
製造現場の魅力を体験 !! オープンファクトリー (工場見学会) に参加
2009.02.05
 熊本県異業種交流協議会(宮村宜司会長)主催で、若者たちに中小企業の製造現場の魅力を知ってもらうことを趣旨として、熊本総合鉄鋼団地(熊本市長嶺西)にある製造企業のオープンファクトリーと銘打った工場見学会が開催されました。

 本校からも電気システム科、情報ネットワーク科、機械システム科の1年生全員が参加しました。
学生たちも、真剣に仕事に取り組まれている企業の方々との交流で、ものづくりの原点を再確認し、企業理解に大いに役立ったと話していた。

 訪問した企業は次の通り。
オオクマ電子株式会社様、熊本防錆工業株式会社様、株式会社ケイ・エヌ・テック様、株式会社建鋼社様、株式会社マツシマ様。

本校卒業生も元気に頑張っていました。
企業のご担当者のご説明に熱心に聞き入る学生達。
中国・広州縦横職業技術培訓学院を中心とする広州教育交流訪問団 (団長:李国双同学院董事長)、本校ご訪問
2009.02.04
 中国・広州縦横職業技術培訓学院を中心とする広州教育交流訪問団 (団長:李国双同学院董事長をはじめとする9名の方々) が2日来熊され、3日、本校および本校の姉妹校である開新高等学校を訪問された。
 本校では、日本語科をはじめ自動車、電気、機械、情報の各学科を視察された。

 日本語科には、中国からの留学生が多く在籍しており、留学生たちも母国からの訪問団を暖かくお迎えした。
本校玄関前にて、本校教職員と。
開新高等学校をご訪問。校門前にて。
本校、中国・広州縦横職業技術培訓学院との友好学校協議書締結
2009.02.03
 2月1日、中国増城市にある広州縦横職業技術培訓学院を中心とする広州教育交流訪問団 (団長:李国双同学院董事長をはじめとする9名の方々) が来熊された。
 一行は、学校教育の国際化の促進と両校の共同発展を目指し、本校との教育交流を友好的に幅広く進めるため、来熊されたものである。
 2日、熊本市のKKRホテル熊本にて、本校との友好学校協議書締結の調印式がとり行われた。
友好学校締結協議書に調印されている 李・広州縦横職業技術培訓学院董事長(写真右)と本校・水谷校長(写真左)
調印式後の記念写真におさまる両校の関係者。
前列左より、袁偉峰・広東省増城市海外友誼会会長、田中・開新高等学校長、水谷・熊本工業専門学校長、江藤・開新学園理事長、李国双・広州縦横職業技術培訓学院董事長、李吉桂・同学院院長、劉伯石・広東省増城市教育局党委書記
後列左より、張軍・本校教官、入江・本校教官、頼尹添同学院董事、鄒運房・広東省増城市教育局副局長、鄭健新・同学院長助理、連偉権・同学院董事、和田・同学院外籍教師、白川・西日本旅行日中旅行社取締役の皆さん
日本語科、春節(中国旧正月)を餃子パーティで祝う。
2009.01.26
日本語科では、1月26日、中国での春節(日本における正月、中国では旧正月を春節といい、新年のお祝いを行う)を祝い、中国からの留学生1,2年生による餃子パーティを開いた。
 母国中国では既に春節休暇に入っているが、留学生は餃子パーティでここ熊本で春節を祝った。
日本の正月を我々はお雑煮でお祝いするが、中国では春節を餃子でお祝いするとのことです。
水谷校長、瑞宝小綬章受章祝賀会
2009.01.15
 昨年秋の叙勲で、水谷校長が瑞宝小綬章を受章致しました。この受章祝賀会が1月14日(水)、熊本市のホテル日航熊本にて行われました。各界より300名を超えるご参加をいただき盛大な祝賀会となりました。

 祝賀会は、発起人代表の江藤正行・学校法人開新学園理事長よりのご挨拶に始まり、ご来賓を代表され次の方々から祝辞を賜りました。
・熊本県議会議長、熊本県私学振興議員連盟会長 村上寅美様
・熊本県私立中学高等学校協会会長 上田祐規様
また、熊本県専修学校各種学校連合会会長、木庭令一様より記念品贈呈、熊本県自動車整備振興会会長、與繩 董様の乾杯で祝宴となり、参加者全員でお祝いを致しました。
 中締めに当たり、祝賀エールを開新高校同窓会・元応援団長、山本徳雄様よりいただき、田中満生・開新高等学校校長よりの閉会御礼挨拶、万歳三唱で締めくくりました。

ご参加いただきました皆様に厚く御礼申し上げます。
写真は瑞宝小綬章です。
「紅葉がまぶしい」 熊本工業専門学校
2008.11.28
秋から初冬を迎えようとしていますが、学内の紅葉は、今が盛りで、目に鮮やかです。
スナップ写真を撮ってみました。
熊本県異業種交流協議会主催 出前講座が開講された。
2008.11.26
11月26日(水)、本校にて熊本県異業種交流協議会(宮村宜司会長)主催の出前講座が開講された。
 企業のご講義に先立ち、宮村会長より、次のようなご主旨のご挨拶がありました。「現在の我々を取り巻く経済情勢は、今年前半までと比べ急激に不安定な方向へと変化してきている。アメリカ発の金融危機に端を発しているとはいえ、グローバル時代の今日わが国へ与える影響は計り知れない。各位はそのような時代にあっても自分の強み、技術をしっかりと認識し、益々勉学に励んでいただきたい。熊本県としては、『ものづくりフォレスト構想』を中心に県の工業力を更に伸ばすべく頑張っております。今日講義される4社は大企業にも負けない技術力持つ熊本県を代表する企業で大いに躍進を続けられています。是非、今後の人生設計に役立てていただきたい。」

 ご講義頂いた4つの企業からは、各企業の概要、主な商品・製品のご紹介そして「企業の求める人材」につきご説明を頂いた。
出席者はいずれも熱心にメモを取り、真剣な眼差しで聞き入っていた。
ご出席・ご講義頂いたのは次の4企業様です。
・株式会社 池松機工 様より、池松社長・岩崎主任
・オオクマ電子株式会社 様より、池上統括部長
・株式会社 サンワハイテック 様より、青木経営企画部員
・テイラーズ株式会社 様より、中川代表取締役

どうも有難うございました。
専修学校体育大会九州大会(於長崎市)、ソフトテニス、ダブルス男子の部で三位入賞
2008.11.14
11月12日〜14日、長崎市にて開催された全国専修学校各種学校体育大会・九州ブロック大会において、男子ソフトテニス、ダブルスの部で出場した、自動車整備工学科1年の堀口大樹君(天草西高出身)、菊川恭平君(熊本中央高出身)の二人が、見事三位に入賞しました。
おめでとうございます。
今後とも益々頑張ってください。来年も期待しております。

(写真左:菊川君、右:堀口君)
한국어 페이지
한국 특설 페이지를 준비했습니다.
中国页
我们已经准备了一个特殊的页面中国
ENGLISH PAGE
I have prepared a special page in English.
Trang tiếng Việt
Trang thông tin chi tiết bằng tiếng Việt
日本語科応募書類はこちら
Japanese Course Application form,
日语系申请表
입사 지원 서
Download Đơn xin nhập học và các tài liệu liên qua
学生募集応募書類はこちら
携帯サイトはこちらのQRコードから