文部科学省認定 職業実践専門課程

機械システム科

機械システム科

あこがれのロボットと、いつの日か握手。

モノづくりの楽しさを仕事に、いつの日かロボット創りたい

社会では、「ものづくり」の重要性が求められています。これからの技術者は、ものを作るだけではなく、人と機械(工作機械・ロボット)との共存するものづくりが重要なテーマとなります。

機械システム科では、次世代の技術者として広範囲な知識を習得する為、機械工学はもちろんのこと、メカトロ・制御・先端材料・ロボット等の先端技術を学び、実習ではCAD(3次元)・工作機械等に触れ、即戦力になる国際的視野を身につけた技術者育成を目指しています。

定員
1学年40名 男女共学・2年課程(合計80名)
  • 社団法人日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会「CAD利用技術者試験」認定校
目標取得資格
ガス・アーク溶接技能者、危険物取扱者、デジタル技術検定2級・3級、技能検定機械加工(普通旋盤)、ビジネス能力検定(B検)、CAD利用技術者試験、機械設計技術者試験、フォークリフト運転技能免許
主な進路
メカトロニクス技術者、製造技術者、生産技術者、機械設計技術者、保守
【金属・機械・電気・電子・通信分野】
鉄鋼、非鉄金属、工作機械メーカー、精密機械メーカー、部品メーカー、通信、電子・電気機械メーカー、ICメーカー、専門商社、コンピュータソフト会社 等

カリキュラム

組み込みソフトエンジニアを育成

組み込みシステムは、電気機械や家電製品等に内蔵され、特定の機能や性能を待たせるためのコンピュータシステムです。その応用分野は自動車、テレビ、ビデオ、炊飯器、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、自動販売機等、極めて広く、多機能化・高性能化と同時に優れた信頼性、耐久性が要求されます。

機械システム科では、「制御工学」、「デジタル回路」、「ロボット工学」、「電子回路」等の授業や実習を通して、電気・電子回路の設計法やプログラミングの基礎を学べます。更に、ものづくりの実践力を身に付けるため、“ 学校案内ロボット”、“ スロットゲーム貯金箱”、“PICマイコン制御6足歩行ロボット”等を製作し、組み込みシステム開発のエンジニアを育成することを目標としています。

一般教育科目
  • ビジネス概論
  • 数学
専門教育科目
  • 機械工作Ⅰ、Ⅱ
  • 機械力学
  • 機械設計
  • 機械材料
  • 流体工学
  • エネルギー工学
  • 機械製図
  • 設計製図
  • CAD
  • CAD演習Ⅰ、Ⅱ
  • NCプログラミング
  • 電子機械実習
  • メカトロ実習
  • 電気基礎Ⅰ、Ⅱ
  • 電子回路
  • システム制御
  • 制御工学
  • デジタル回路Ⅰ、Ⅱ
  • ロボット制御Ⅰ、Ⅱ
  • エクセル基礎・応用

講師陣

  • 夢実現に向けて

    就職部長 機械システム科長

    岡村 修二教官

    我が国は、戦後一貫して「ものづくり」を通して世界に類を見ない経済発展を遂げてきました。そしてその姿は、これからも不変だと思います。そのことによって、私たちを取り巻く社会は大きく変貌してきましたが、しかし物事の「基礎・基本」が重要であることは、今も昔も変わることはありません。そこで、本科では、「ものづくり」の根幹をなす機械・電気の専門に関する「基礎・基本」を徹底的に修得し、それらに関する専門的知識・技術・技能を身に付け、地域社会に貢献できる人材の育成を目指しています。さらに、それらを通して資格取得を目指しています。皆さんの夢の実現に向けて、全力で支援します。

  • オリジナルな製品開発ができる技術者に。

    機械システム科

    野口 邦広教官

    機械材料、NC工作機械のプログラミングや実習等を担当しています。現在、あらゆる産業界で自動制御化が進み、工業製品には高い性能、信頼性、耐久性や多機能化が要求されています。これに伴いロボットに代表される電子機械(メカトロニクス)分野を学び、実践する技術者の必要性がますます高まっています。自分の授業を通して、一人でも多くの学生が自分で設計し、適当な材料を選択、そして工作機械を駆使してオリジナルな製品開発ができる技術者になってくれることを夢見ています。機械システム科は、友達と協力しながら何でもいいから製作してみたいという若者を待っています。

メッセージ

業界からのメッセージ
  • 日本のモノづくりの未来を拓く夢や希望を抱いた若き人材に期待。
    池松 康博

    株式会社池松機工 代表取締役社長

    熊本工業専門学校 学校関係者評価委員会委員

    弊社でも3D加工のマシニングセンターを中心に高速切削加工設備を増設しております。またモノづくりが高度化し、数点の部品が集約された複雑な形状の精密加工が要求され、イノベーションは避けて通れない時代となり、加工プログラムも3Dへと移行し難易度の高いCAD/CAM技術が要求される人材育成が大きな課題となっております。海外生産が加速される中、空洞化を避けるために付加価値の高いモノづくりを目指し次代へ繋げてゆきたいと考えております。最新鋭の設備やCAD/CAMの設備がしっかりしていても、それをオペレーションできる人材の確保が喫緊の課題であります。企業での社員に対する専門教育は基礎から段階的に多くの年月を必要としますが、その礎となるのがこの熊本工業専門学校での学びであると思います。㈱池松機工にも卒業生の方々が活躍されています。また、一昨年入社された今吉君も技術開発課へ配属され大きく期待しているところです。将来へ向け夢や希望を抱きモノづくりを目指し、羽ばたかれる皆さまに日本のモノづくりの未来が託されていると信じます。

OBからのメッセージ
  • 日々が挑戦 一人前の技術者を目指して。
    中原 宥真さん

    株式会社 上村エンタープライズ

    (平成28年度卒業/熊本県立鹿本商工高等学校出身)

    私は卒業後、株式会社上村エンタープライズに入社しました。上村エンタープライズは、主にプラスチック製の部品を製作しており、平成27年度に「ものづくり功労者県知事表彰優秀賞」を受賞している技術的に優秀な会社です。現在、私はマシニングセンターで、プラスチック樹脂の加工を担当しています。学校で学んだ金属加工と違って、樹脂の加工では加工条件が違うので難しい所がありますが、毎日が勉強だと思って頑張っています。切削条件により加工品の仕上がりが変わるので、条件の見極めがとても難しいです。実際に仕事を経験してみて、在学中に身に付けておいた方が良いことが3つあります。一つは、CADの授業をしっかり身に付けておいた方が良いということです。現場では図面を理解することは大変重要です。二つめは、旋盤の資格はぜひ取っておいた方が良いということです。三つめはマシニングセンターを扱う機会が多いので、プログラミングをしっかり学んでおいた方が良いということです。入社してまだ1年も経っていませんが、一日でも早く一人前になれるように、仕事の中で日々新しいことに挑戦しています。

  • 目標達成への改善策 普通高校出身でも大丈夫。
    岩水 幸輝さん

    株式会社 アーレスティー熊本

    (平成28年度卒業/熊本県立大津高等学校出身)

    私は専門学校を卒業後、株式会社アーレスティー熊本に入社しました。アーレスティー熊本は、自動車や農業機械等の部品の生産を主に行っている会社です。入社して一週間ほど経過した頃に、私はまずトヨタの製品に携わることができ、現在はダイハツの製品を担当しています。仕事は基本的にライン作業なので、一人が少しでも遅れてしまうと目標の生産数に届かなかったりします。しかし、目標の生産数に届かなくても、次はもっと行動を早くしようとするなど少しずつ改善策が生まれ、それに伴い目標も達成できるようになりました。いろいろ考えて行動するのが大変ですが、とてもやり甲斐のある仕事です。私は普通高校出身で、正直なところ工業専門学校でやっていけるか不安な部分もありました。しかし、先生方の丁寧なご指導のおかげで今の私があるので、やっていけるか不安に思っている方も、最初から丁寧に教えて下さるので大丈夫です。就職先も幅広く紹介して頂けるので安心です。これからの長い人生の第一歩をこの学校で踏みだして欲しいと思います。将来は同じ職場で仕事が出来ることを期待しています。

  • 多くの資格が取れて就職への自信につながります。
    坂根 諒さん

    株式会社 九電工

    (平成25年度卒業/熊本県立湧心館高校出身)

    私は卒業後、九電工に入社しました。職種は技術職で主に現場の施工管理を行っています。施工管理とは、建築物を完成させるために建築業者や電気業者の施工管理者と工程を調整したり、図面を描いて職人さんに指示したり、機材の見積もりなどを行うことです。まだまだ分からない事が多いので先輩に色々と教えてもらいながら図面を描いたりしています。仕事量は多いので大変ですが、建築物が日々完成に近づくのを体感することができてとてもやり甲斐があります。私は普通高校でしたので、専門学校をやっていけるか不安な部分がありましたが、一つ一つ基本的なことから教えて頂き、資格試験の案内や求人の情報なども逐一教えて頂いたので無事就職できました。普通科や工業科など関係なく自分の頑張り次第で多くの資格を取れるし、自分の行きたい企業に就職できる可能性がありそれをサポートしてくださる先生方がいらっしゃるので安心して勉強できます。専門学校で学んだことを応用して資格も取れるので、私は多くの資格を取り仕事でも活用しています。また資格を持っていることで就職活動の時にアピールポイントとして自信になるので、多くの資格を取ることをおすすめします。

  • グローバルに世界で活躍する技術者
    藤野 拓己さん

    ダイキン工業 株式会社

    (平成30年度卒業/熊本県立大津高等学校出身)

    私は卒業後、ダイキン工業株式会社に入社しました。ダイキン工業は主に空調機器を取り扱っている会社です。他にもフッソ加工や油圧機器などもあります。世界的に業務を展開しており、業務用エアコン市場では最も強い会社といっても過言ではありません。私は入社して2年目になりますが、家庭用から業務用まで、目で見て実際に体験したりしながら多くの技術や知識を得ることができました。また専門分野として、ろう付けや溶接・板金・旋盤のトレーナーという道もあります。世界的に展開しているダイキン工業では、それぞれの分野でトレーナーとして、日本に限らす世界にその技術を広めるための指導者としての仕事もあります。その意味で、職務内容の選択肢は少なくありません。自分のやりたいことを声に上げれば、実現できないことがない会社です。関西の会社ということもあり、上司や先輩方も明るく、のりがいい人達ばかりなので安心して下さい。グローバルで世界を舞台にしたモノづくりの会社なので、皆さんが入社するのを楽しみにしています。